◆ 「とっとり地中熱の家」 メリット・デメリット

 

■ とっとり地中熱の家」 【メリット】

 

@地中熱利用

「地中熱」を夏の冷房、冬の暖房補助として利用できる。

 

A湿気の抑制

地中熱システムで壁中、床下、屋根裏に「地中熱」を通気することで、湿気の抑制ができる。

 

B耐久性の向上

建物を構造材の外側からすっぽり断熱材で覆ってしまう(外張断熱)ので、温度差による壁体内結露が発生しにくい。

 

C気密・断熱性の向上

建物の外側で気密・断熱工事を行うため、断熱・気密層が途切れることなく施工できる。

 

Dメンテナンスが容易

壁・天井などの配線・配管が断熱・気密層に影響を与えないため、点検や確認がしやすい。


E保温性が高い

構造躯体がすべて断熱層の内側にあるため、建物の熱容量が大きく、一度暖房すれば暖かさが持続する。

 

F木材腐食防止

土台や柱など構造躯体が外気の影響を直接受けることがなく、通気によって常に木材に適した状態を保つことができる。

 

G空間の有効利用

屋根断熱によって屋根裏も室内と同じ空間となり、有効利用ができる。

 

H防音性の向上

気密・断熱性が高いので、外部からの音の進入や室内からの音漏れが少ない。

 

I省エネ

夏は床下からの地中冷熱、冬は地中温熱と排熱利用で高熱費の削減になる。

 

■ とっとり地中熱の家 【デメリット】

 

@高コスト

一般的な充填断熱で使われるグラスウールなどの繊維系断熱材より材料費が高い。

 

A施工の難易度が高い

断熱・気密層を隙間なく完全施工するために、断熱・気密工事に大工の確かな技術が要求される。

 

B建物の床下、壁中、屋根裏すべてが断熱・気密ライン内に入るので熱容量が大きくなる。

 

C室内反響音

気密性が高く隙間がないため、室内の音が反響しやすい。

 

D暖房器具の制約
石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼性のある開放型の暖房機器の使用は避ける。

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp