◆ 「とっとり地中熱の家」の仕組み

 

伝導型地中熱の仕組み

 

■ 一般住宅

 

@ 一般住宅は、床下に発生している地中熱を無視している。


A 床下・小屋裏は室外なので外気の影響を受ける。

 

・冬季は床下・屋根裏に冷気が入り込み結露を増長させる。

・夏季は、床下・屋根裏に熱気が入り込み冷房効果を下げる。

■ とっとり地中熱の家の仕組み

【外張断熱】

とっとり地中熱の家は、基礎・壁・屋根を高性能断熱材ですっぽり囲ってしまいます。(完全外張断熱工法)

 

夏は、暑い太陽日射や湿気を「屋根断熱」・「壁断熱」で防ぎます。地中を通じて建物床下に伝わる暑い熱も「基礎断熱」で防ぎます。

 

冬は、寒い冷気や隙間風を「屋根断熱」・「壁断熱」で防ぎます。地中を通じて建物床下に伝わる冷熱も「基礎断熱」で防ぎます。

【地中熱システム】

(夏季)

冬から持ち越された冷たい地中熱を基礎下に蓄積します。

 ⇒床下の25℃前後の冷熱を地中熱システムで吸い上げ2階天井の排出口から放出し、建物内を涼しく保ちます。

(冬季)

夏から持ち越された暖かい地中熱を基礎下に蓄積します。

 ⇒天井付近に蓄積された生活熱や暖房熱を地中熱システムで吸い上げ、床下に放出することで床下を保温します。

(年間通じて)

湿気が溜まりやすい床下、壁中、屋根裏を「地中熱システム」で通気することで、湿度が抑制されます。

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp