トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 「とっとり地中熱の家」 概要  〜 メリット・デメリット 〜

 

■ とっとり地中熱の家」 【メリット】

 

@地中熱利用

地中熱という自然エネルギーを活用する事で、住宅の省エネ化が実現できる。

 

A冷暖房費の削減

地中熱の活用で年間冷暖房費を大幅に削減できる。

 

B地球温暖化の防止

建物の高断熱・高気密化と自然エネルギーの活用で、家庭からのCO2排出を削減するエコ住宅です。

 

C耐久性の向上

建物を構造材の外側からすっぽりと断熱材で覆ってしまうので、温度差による壁体内結露が発生しにくい。

 

D気密・断熱性の向上

構造材の外側で断熱・気密を行うため施工しやすく、断熱・気密層が隙間なく連続して設ける事ができる。


Eメンテナンスが容易

壁・天井などの配線や配管が断熱・気密層に影響を与えないため、点検や確認がしやすい。

 

F木材腐食防止

土台や柱など構造躯体が外気の影響を受ける事がなく、通気によって、常に木材に適した状態を保つ事ができる。

 

G保温性が高い

構造躯体がすべて断熱層の内側にあるため、建物の熱容量が大きく、一度冷暖房すれば冷めにくい。

 

H空間の有効利用

屋根断熱によって屋根裏も室内と同じ空間となり、有効利用ができる。

 

I防音性の向上

気密性が高く隙間がないため、外部からの音の侵入や室内からの音漏れが少ない。

 

Jクリーンな室内空気環境と温熱環境の向上

冷暖房時に各部屋間や室内上下の温度差が少なく、正確な換気で室内の空気を常に新鮮な状態に保つ事ができる。

■ とっとり地中熱の家 【デメリット】

 

@高コスト

一般的な充填断熱で使われるグラスウールなどの繊維系断熱材より材料費が高い。

 

A施工の難易度が高い

断熱・気密層を隙間なく完全施工するために、断熱・気密工事に大工の確かな技術が要求される。

 

B暖まりにくい

建物の熱容量が大きいため、冷暖房に時間がかかる。

 

C室内反響音

気密性が高く隙間がないため、室内の音が反響しやすい。

 

D暖房器具の制約
ストーブやファンヒーターなどの燃焼性のある開放型の暖房器の使用は避ける。

 

E過乾燥・加湿器の利用と食物置き場の検討

電気式暖房器やエアコンなどの暖房時に乾燥しやすく、冬季でも家中が暖かいため、野菜等の食物が腐りやすい。

目次ページへ戻る - 温度データ【back】- お客様の声【next】

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp