トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 「とっとり地中熱の家」 概要 〜地中熱利用の効果〜

 

伝導型地中熱の仕組み

 

地中熱活用住宅の効果は、日当たりの善し悪しによって変わってきます。<BR>

日当たりの良くない土地の地熱住宅では、冬の間、だいたい20℃前後の温度設定でエアコンまたは

蓄熱式暖房器を24時間稼働して頂いています。

 

24時間も暖房器を動かしたら大変な電気がかかるのでは??と心配になりますよね。

 

確かに冷暖房に電気代はかかります。

冬場はエアコンの暖房運転、そして夏場はエアコンの除湿運転で24時間稼働して頂くのが望ましいのです。

しかし、安心してください。高断熱(外断熱)・高気密住宅では、想像しているほどの電気代はかかりません。

実際に、地中熱活用住宅にお住まいの方の電気使用量をご覧ください。

 

 

冷暖房にかかる消費電力を正確に測定するため、エアコン(冷暖房)用に専用の電気メーターを設置させて頂き、

測定した結果です。

年間の消費電力は「1486.2KWh」です。電気代に換算すると、1年間で33,335円程度です。

(1kwh=22.43円での計算)

 

夏と冬にエアコンを24時間稼動し続け、それで家全体をほぼ同じ温度にする全館冷暖房のための冷暖房費用は、

年間でたった3万5千円程度です。

日当たりの良い土地では暖房費がもっと削減できますね。これが「外断熱の地中熱活用住宅」です。

日本の一般戸建住宅の冷暖房エネルギー消費量をエアコンの電気料金に換算すると98,668円

それでも家中が快適になっているとはいえません。

日本の一般戸建住宅で家中を快適にするには現在の2〜3倍の冷暖房エネルギーが必要と言われています。

 

※上記に記載する測定データ・図・グラフ・写真等はエコホームズ株式会社が作成したものです。

※冷暖房費用につきましては、地域や土地・建物などの条件により異なります。

目次ページへ戻る - とっとり地中熱の家の仕組み【back】- とっとり地中熱の家の温度データ【next】

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp