トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 外張断熱・通気工法 〜なぜ「外張断熱」に取り組んだのか〜

 

平成12年10月6日、鳥取県西部地震が発生しました。

幸いにして、当社で建てた家は瓦のズレなどの軽微な被害しかなく“ホッ”としていました。

その後、鳥取県の要請で被害の大きかった日野町の建物の応急危険度判定を行い、「外壁が崩れ傾いた家」

「屋根瓦がほとんど落ちてしまった家」など、震度6強の凄まじい揺れを知ることができました。

 

しかし、被害に合った建物をよく見ると・・・

■壁の中の断熱材(グラスウール)が真っ黒になりズリ落ちている。

■浴室廻りの柱や土台が腐っている。

■鉄骨の家に錆びがきている。 ・・・etc

地震の被害は認めるが、これは湿気による被害も相当なものだ」と実感しました。 

 

その後、被害に合った家の修理で忙しく、その事も忘れていましたが、その年の冬、日頃から懇意にしている

大山プレカット工場・専務理事の吉岡さんから「小笹さん、この本を読んでみたら」と、渡されたのが、

外張断熱を題材にした『いい家が欲しい』の本でした。

その日の夜、時間も忘れて一気に読んでしまいました。読み終わって、

「今までは住宅の断熱・気密について気にせずに、根拠もなく気密は中気密?で、いいとか思っていたなー」

 

などと考えていると、鳥取県西部地震の被害にあった建物を思い出しました。

そして住宅の断熱・気密の重要性に気付き、それからは高断熱・高気密に関する専門書を数多く読みました。

 

その結果、

 

「湿気によって腐らず長持ちし、住み心地の良い住宅を造るには、高断熱・高気密住宅。そして、

高断熱、高気密住宅の施工には外張断熱の施工が適している」

 

という結論に達しました。

 

そうなると、「外張断熱」を頭では理解したのですが、実物を見たくてしょうがありません。

私一人が見てもいけないので、平成13年の社員研修の時に見に行こうと決め、例年は5月に行く社員研修を

“暑い夏”の体感をしたかったので7月にしました。

 

<実際に体感してみて>

7月2日、大阪市内の実験棟へ見学に行きました。外気温が30度程あり、とても暑い日でした。

建物の中に入ると外気温より少し涼しくカラッとした感じ。冷房は入ってなかったので驚きました。

2階の屋根裏も見学してみると・・・そんなに暑くありません。

温度計は30度(普通の家では40度を超え暑くて入る事が出来ません)

私をはじめ、従業員全員納得して米子に帰りました。

 

<間違いない外張断熱の家を建てよう>

私は1日も早く外張断熱の家を米子に広めたくて、どうしたらいいのか悩みました。

住宅をご計画のお客様に「外張断熱」の良さをお話しますが、なかなか“建てよう”という話にまではなりません。

 

それなら・・・「外張断熱のモデルハウスを建てよう!」と決めました。

初めて施工する「外張断熱の家」の為、基礎工事から家が完成するまで、大工さんをはじめ、各施工業者の方と

何度も打合せをして、「間違いない外張断熱住宅を造ろう!」と、取り組みを始めました。

 

小笹 浩一

現在の住まいの問題点【next】

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp