0859-32-8677

〜空気が通う〜 外張断熱+地中熱のいえ

〜空気が通う〜 外張断熱のいえ

2002年に「外張断熱の家」のモデルハウスがオープンしてから20年。

その間、より良い断熱材に取り換えたり、気密性向上のための仕組みや結露対策の工夫、樹脂サッシの採用をするなど改良を重ねてきました。

現在、120棟の外張断熱の家を鳥取県西部を中心に建築させていただき、どの家の方にも「夏暑くない、冬寒くない快適な住まい」と好評を得ています。

気密性 〜全棟気密測定実施〜

2002年から2020年までの間に120棟、外張断熱のいえを建て、その全棟の気密測定を実施してきました。

当初は0.5〜0.6cu/uでしたが、最近は0.1〜0.2cu/uがほとんどで、施工する大工さんの技術の高さに感謝します。

地中熱を活用する 〜年間通じて安定したエネルギー〜

地中熱を活用した家は2008年から取り組みました。

通常の家は床下・壁中・屋根裏を外部とみなしますが弊社は内部とし、床下・壁中・屋根裏と室内に空気が通う工夫をしています。

その空気を夏は25℃の地中熱が活用できれば冷房補助として、冬は15℃の地中熱が活用できれば暖房補助として使えます。

〜空気が通う〜外張断熱+地中熱のいえ「体感棟」

こざさ建設社屋に隣接する3m×3.3mの『体感棟』です。

通常の建物と同じ木材、断熱材等で建てているので「外張断熱」「通気の流れ」「地中熱の仕組み」等が良くわかります。

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677

Fax / 0859-32-8748

E-mail / info@kozasa.co.jp

0859-32-8677

0859-32-8677

上 へ

戻 る