トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 赤外線診断実例(雨漏り実例)

 

赤外線サーモグラフィを使い雨漏り診断をしました。

診断したのは米子市内で築20年目の木造住宅。「バルコニー壁が一部劣化しているので見て欲しい」との事。

 

伺って見るとバルコニー壁の一部が緑色に変色していて触ってみると表面のモルタルが剥がれてしまいます。

しかし、バルコニー壁の上部も下部も変色していません。

赤外線サーモグラフィカメラの画像を見ると、やはりそこの部分のみ低温反応(青色)がありました。

 

(現状把握)

① バルコニー壁の下部は防水シートが立ち上がっていて、壁とシートの間から水が流れている。

② バルコニー壁の上部は低温反応は無い。

③ バルコニー壁(外側)は、変色していない。

④ バルコニーの下には部屋があるが、雨漏りはしていない。

 

(検証)

雨が吹き降りの時、バルコニー内で雨が笠木の隙間に侵入し、その雨がバルコニー下部で

滞留したのではないかと思われます。

 

バルコニー内壁にコケが表面を覆っている。

その表面は、もろくなっている。

可視画像:赤丸部には、温度低下が見受けられる。

これは水分滞留によるものと思われる。

しかし立上がりシート防水(赤丸点線)には

水分滞留の形跡は無い。

(アルミ笠置部分から雨が侵入し壁を伝い

 外壁下部に滞留したのではないか)

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp