トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 真夏に建物が受ける温度

 

平成27年8月22日(土)

夏の日差しが一番暑くなる午後2時に「会社」と「とっとり地中熱のモデルハウス」で

建物内の温度を測定しました。

 

赤外線サーモグラフィーを使うことで、建物内の温度分布が判りやすくなっています。

外気温度は34℃、風速5m以下で測定しました。

 

こざさ建設社屋

会社の隣(会長宅)の屋根温度を測定しました。

色が赤い部分は55℃以上、最高で69.3℃。

屋根は太陽日射で蓄熱されているのが判ります。

会社の屋根裏です。

赤く見えるのは鉄骨です。

屋根裏の各部の温度は最低が39.8℃、

最高が53.2℃を示しています。

色が赤い部分は鉄骨で50℃以上。

屋根裏の木部でも40℃を超えています。

室内温度を測定すると44℃で、

低温のサウナに入っているような状態です。

とっとり地中熱モデルハウス

モデルハウスの1階屋根裏の温度を測定しました。

玄関ポーチの温度は34℃を示しています。

屋根裏部分です。

壁は3cmの断熱材その上にプラスターボードを

施工しています。屋根は、根太材の上に5cmの

断熱材を施工しています。

床は1.2cmの構造用合板のみです。

屋根裏の各部の温度は最低が31.7℃、

最高が36.3℃を示しています。

色が赤い部分は根太材で35℃以上。

室内温度は31℃〜33℃でそんなに暑さを感じません。

建物内で一番暑い「屋根裏」の温度を測定して判ったこと。

1. 屋根裏に断熱材が無いと50℃の温度が発生してしまい、

  外気温度が下がっても屋根裏に蓄積された熱が下がらない。

2. 断熱材で家をすっぽり囲う「とっとり地中熱の家」は、屋根裏でも比較的低い温度が保たれている。

3. 鳥取県の年間温度は最低でもマイナス1℃、最高温度は36℃で、外気温が40℃を超えることは

  今の所はありません。ましてや50℃の温度は自然界では存在しないのではないかと思われます。

  鉄やプラスチック、ガラスのような無機質でできた材料は50℃を超える高温でも変化がないかも

  しれませんが、家の骨組みとなる木材は有機質でできています。

  50℃の高温でどれだけの変化や損傷があるのか判りませんが、私達のつくる家は、

  住む人に優しいのは当たり前なのですが、木にも優しい家でありたいと思います。

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp