トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 簡単窓リフォーム:カバー工法

 

最近、窓サッシの断熱技術が向上し、それに伴い窓リフォーム工事が増えています。

 

窓自体の「熱貫流率」を比較してみると、

 

窓の種類

アルミ板ガラス

アルミペアガラス

樹脂ペアガラス(遮熱)

熱貫流率

6.51w/uk

3.49 w/uk

2.33 w/uk

(熱貫流率の数値が少ない程、熱が通りにくい)

※樹脂ペアガラスはアルミ一枚ガラスに比べ、熱が1/3も熱が通りにくいのが判ります。

 

既設の窓の内側に設置する「内窓」を取り付けるのは簡単なのですが、

既設の窓がかなり古く痛んでいる場合は、既設の窓を取り外さなければなりません。

既設窓を取り外すとき、窓回りの壁をカットします。その後、新設窓を取り付け壁の隙間を

モルタル充填し、乾燥後塗装します。工期もコストも掛かります。

 

(これは簡単、カバー工法)

カバー工法は、既設の窓枠を外さずに工事ができるのでとても簡単です。

施工は一枚1時間程度、一世帯分でもほぼ半日ででき、コストも従来の工事に比べ割安となります。

カバー工法実例:米子市I様宅

(カバー工法で窓リフォーム:外側)

(カバー工法で窓リフォーム:内側)

既設窓枠を残し、その上から新設窓を設置しました。

窓面積が多少狭くなりますが、工事自体が簡単で、夏の遮熱、冬の寒さを防ぎます。

室内から見ても、すっきり納まっています。

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp