トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 使いやすいオーダーメード下駄箱

 

今年10月、米子市に住むH様より相談したい事があるので、と連絡が入りました。

伺って見ると、下駄箱をオーダーで作りたいとのこと。

 

なぜ、今の下駄箱ではダメなんですか。」と、聞いてみると、

 

「床と玄関の高さが16p程度しかなく、靴を履いたり、脱いだりするのに大変なので、

 その事を解決できるようしたい。」

 

「今は、どうしているのですか。」と、聞くと

 

「高さ20p程度の椅子を持ってきてそれに座って靴の履き替えをしている。」

 

「しかし、いちいち椅子を出し入れするのも面倒だし、椅子が動くので危なくて・・・

 近所の方が来られた時にも勧めるけど、使いにくくてね。」

 

H様の住まれている家は5年前にリフォーム済みの中古住宅として弊社が販売し、

H様にご購入いただいています。

現在80才になるH様ご夫婦は、毎日使う玄関なので安心して暮らせるようにと考え、弊社に依頼されました。

 

(ポイント)

@ 靴を履く時や脱ぐ時に使う椅子を収納できるスペースを下駄箱に取り入れる。

A 椅子の出し入れには移動しやすいようにコマが必要ですが、座った時には移動しない。

B 椅子に腰かける時や立ち上がる時に手すりが必要。

C 下駄箱に引き出しの収納が欲しい。

 

(対策)

@ 幅27p、奥行32p、高さ18pの椅子を下駄箱に収納できるようにしました。

A 椅子にコマを付け、重さが掛かるとコマにストッパーが効くようにしました。

B 下駄箱に縦手すりを設置しました。

C 椅子が収納する部分の隣に27p幅の引き出しを付けました。

 

これからH様にお使いいただきますが、“使い勝手”や“使いごこち”を教えていただき、

今後の家づくりに活かしていきたいと思います。

 

[今まで使っておられた下駄箱]

下駄箱が小さいので、スリッパやカバンが入りません。

椅子の置き場がないので、使わない時は、ホールに置いていました。

[オーダーメードの下駄箱]

下駄箱の長さが2.8mあり、今までホールに

溢れていたものが収納できました。

椅子の出し入れがとても楽になりました。

下駄箱を作っていただいた職人さんに、

座りごこちや手すりの使い勝手を体験して

もらいました。

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp