トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ リフォームこざさ 実例

 

「こざさ建設さんはリフォームもするんですか?」

こんなご質問がお客さまからよくあります。

新築現場は目立つため、そのイメージが大きいようですが、お客さまからご依頼いただく

大改造・増築・改装・修繕といった新築以外のリフォーム工事の件数は、

こざさ建設の工事全体の9割!お家に関するいろいろな工事を手がけています。

 

リフォーム工事は、お客さまのご要望が新築以上に多岐にわたり、同じ工事はありません。

創業以来53年のひとつひとつの工事が経験となり、お客さまにご満足いただけるよう施工しております。


この「リフォームこざさ」では、お客さまから実際にご依頼いただいた工事をご紹介しています。

また、当社ホームページでも同名の「リフォームこざさ」コーナーで、

この他の事例を多数ご紹介しております。こちらも合わせてご覧ください。

◇屋根直し

近所に住むKさんから、キッチンの吊戸棚から雨が漏るので見て欲しいと連絡がありました。

早速伺ってみると、屋根から雨が伝ってきており、吊戸棚付近が雨でしみています。

家を建てられて50年近く経っていますが、一度も屋根の修理をしたことが無いそうです。

屋根に上がってみると屋根の棟が波打っていました。雨漏りの原因はとことん追究します。

 

【工事前】

【工事後】

屋根の棟を取り替えました。冬が来る前に工事ができたのでお客様も喜んでおられました。

◇キッチンの手作り家具

20年前に当社で新築されたお客様A様からのご依頼です。

キッチンや作り付けの食器棚の取替工事をいたしました。

20年の間、縁側増設、外テラス設置、外壁塗装、トイレ取り替え、

そして今回のキッチン工事と次々とご依頼をいただき、大変うれしく思います。

 

◇増築工事

増築工事が増えています。

  工事内容は、

 ■母家(両親の住まい)の水廻りを直して、離れ(増築)に息子夫婦の居間や寝室をつくる。

 ■母家の水廻りは古いので解体して収納にし、離れに新しい水廻りや居間をつくる。

 ■車庫を改造し、2階に息子夫婦の部屋をつくる。    
 などです。

 

離れと母屋を繋げることで、来客したお客様…友達なら離れの居間、親戚等の場合は母屋の

客間を使い分ける事ができます。

大学や就職で子どもが県外に出ていても、帰省時やUターンで帰ってきても部屋数は確保できる等、

いろいろとメリットはあるようです。

 

母家に接続して息子夫婦の居間、寝室、

トイレをつくりました。

子どもさんが小さく、いつでもおじいちゃん、

おばあちゃんに面倒が見てもらえるので、

とても助かっているそうです。

母家に接続して息子夫婦のLDK、トイレ、

浴室をつくります。

母家のお風呂は寒いので、両親は新しく

作られるお風呂に入るそうです。

◇アウターシェード設置

 サッシだけなら室内に日差し80%以上侵入! アウターシェードを付けると64%〜82%日射をカット!

弊社のお客様専用トイレは、夏には西日が当たり暑くてたまりません。

そこで、「アウターシェード」を設置しました。

そして日中の外気が暑くなった7月2下旬午後2時、アウターシェードの効果を検証してみました。

外気は35℃トイレの中の温度は・・・

 

トイレの窓枠に設置した温度計は35℃。

窓から入る日差しが暑いです。

窓全体をすっぽりアウターシェードで囲います。

窓から入る日差しはかなり和らいでいます。

温度は31℃、暑くはありません。

◇断熱改修工事(コンクリートパネル住宅)

30年間、コンクリートパネル住宅にお住まいのA様は、冬の寒さとカビに悩まされていました。

床、壁、天井共コンクリートパネルで構成されているので、冬の寒い冷気がコンクリートを

伝わり部屋に侵入してきます。

「床はカーペットを敷いているけど、スリッパを通じて寒さが伝わるのが判る位寒い家・・・。」

と、A様。

「結露もすごくて、押入れなんかビチョビチョでカビだらけ」だそうです。

 
(断熱工事の提案)

@外に面する壁の内壁には硬質ウレタンフォームを配置する。

A床は段差の違いで断熱材が入らないので、無垢材を使う。

B窓に内窓を設置する。

 

@断熱工事前の台所です。

A床、天井に断熱材が入っていませんでした。

 壁は5o程度の断熱材が入っていました。

B壁に厚さ30oの硬質ウレタンフォーム断熱材を入れました。

C完成後の台所です。床には無垢材を貼っています。

完成後、台所壁の壁を赤外線サーモグラフィで

測定しました。

外気が5℃しかなかったのですが、

室内は暖かかったです。

 ・壁面は18℃あり床、天井近くで多少冷気が

  伝わっているのが判ります。

 ・窓、勝手口は15℃を示していますが、

   冷たくはありません。

 ・蓄熱式電気暖房機一台で暖房しています。

 

暖かさがコンクリート壁に蓄熱されると

暖かい家になると思われます。

◇大規模工事

先祖代々から受け継いだ住まいを、息子の代まで使えるようにしたい。」

と、今回思い切ったリフォームを決断されたN様。

築90年の住み継がれた家が、今年10月、見事に“大変身”しました。

 

キッチンや浴室等の水廻りリフォーム、耐震補強、内外装と、家の80%近くを改築。

古い建物なので、木材の痛みやシロアリの被害を考えながら耐久性向上も図りました。

 

古材との調和を考えながら進めた今回の工事。「時間」と「手間」が掛かりましたが、

完成した建物をご覧になったN様の「良い家になった、ありがとう」のお言葉をいただき、

一気に苦労が報われました。

 

【工事前】

【工事後】

【工事前】

【工事後】

【工事前】

【工事後】

【工事前】

【工事後】

◇耐震工事

米子市内で築50年近く経った続き間のある和風住宅の耐震改修工事を行いました。

50年の間、屋根は瓦を敷き替えましたが、その他は全くかまっていません。

基礎は薄い石が、その上に通常の半分程度の土台が敷いてありました。

雨、風の影響でその土台は水分を吸い込み、建物の重量を支え切れなくなり、角の束はへしゃげています。

框や木製サッシも長年の風雨で傷んでいました。

 

今回の耐震工事では、基礎を補強し、荷重の掛かる箇所に耐力壁を設置し、

木製サッシをアルミサッシに交換しました。

ジャッキで建物を持ち上げ、鉄筋コンクリートの基礎を設置し、耐力壁を作り、

建物の傾きを修正しました。

「これで、20〜30年は家の事を心配しなくていい。」と、施主のF様は喜んでおられました。

 

【工事前】

【工事後】

◇断熱改修・エコ改修工事

この家、断熱材入って無いんじゃないの」

「新築されたのは何時ごろですか。」

「29年くらい前かな・・・」

 

A様宅の住宅相談は、このような会話から始まりました。

A様宅は冬とても寒く、ご主人曰く「外の温度と変わんないじゃないの。」・・・

床下からの隙間風、サッシを通じての冷気が家に入り込み、冬はたまらなく寒いので

「断熱改修工事」の依頼を受けました。

まず寒さ対策で一番効果があるのは「窓の断熱工事」です。

家じゅうの窓に「内窓」を提案しました。

 

次に壁・天井・床に断熱材を入れる提案をしました。

現地調査をしたところ、壁にはグラスウールが入っているようなので床と天井に断熱材を入れ、

床下換気口を開閉式断熱換気口に付け替える提案をしました。

 

家じゅう内窓サッシ設置

床下はスタイロフォームで断熱

天井上はロックウールで断熱。

熱交換型24時間換気設置

 

床下換気口を開閉式断熱換気口に。

◇駐車スペース

西福原で新築住宅を建築していると、隣の家の方から、

「この壁を壊して駐車場を造りたいんだけど、どげですか?」と、相談がありました。

伺って見ると木の壁があり、中には立派な庭がありました。

 

「なんか壊すにはもったいない庭ですね。」と言うと、

「車庫があるけど車が一台しか入らないし、もう一台分の駐車場が必要なんだがん。」との事。

 

調査をしてみると、車一台分のスペースが取れる事が判りました。

しかし、ただカーポートを取り付けるだけでは和風の家に合わなくなるので、

両袖に壁を付けたり、ゲートを付けたりして家に合うようにしました。

 

【工事前】

【工事後】

◇介護保険 住宅改修工事

「同居する父が、トイレを使うたびに段差に躓き、時間が掛かるのでトイレを直したい。」

と、米子市に住むT様より相談を受けました。

 早速伺って見ると、以下の事が判明しました。

・トイレの敷居が5cmあり、足の悪いお父さんには段差を超えるのに時間が掛かる。

・和式トイレを簡易な洋式トイレに変更しているので、ズボンを脱ぐスペースが狭い。

・手すりが無いので、しゃがんだり、起きたりするたびに介護が必要。

 

(提案したトイレ改修工事)

・段差を解消するために、敷居の段差を無くし、洋式トイレに変更。

 (洋式トイレに変更する事で、ズボンを脱ぐスペースが広がりました。)

・床をタイルからクッションフロアーに変更する事で、滑りにくくする。

・L型手すりを設置することで、しゃがんだり、起き上がる行為がお一人で出来るようにする。

 

【工事前】

【工事後】

◇借家大改装

築35年経過した借家を改装しました。

 

改装する前は、玄関戸がきつく開閉が大変で、床は軋み、水廻りは痛みが激しく使えない状態でした。

一ヶ月の工事期間を経て各所工事を終え見違えるように綺麗になりました。

 

外観もスッキリ!

【工事前】

【工事後】

天井・壁・床を貼替、キッチンも新品に!

【工事前】

【工事後】

浴槽も大きくなり施主様も満足!

【工事前】

【工事後】

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp