◆ 米子市K様の「住まい方の工夫」 断熱・水回り工事等

 

K様は「とっとりエコサポーターズ」「低炭素社会検定」の肩書を持ち各地で講演、そして実施活動をされています。

住まいについても断熱・省エネに関心があり、3年前に弊社を訪ねて来られました。

 

「こざさ建設さんは、新築住宅の断熱や省エネにとても熱心に取り組んでおられますが、リフォームでもそれはできますか?」と、K様。

 

「一度ご自宅を見させてもらわないと判りませんが、工夫次第ではかなり住まいの断熱性能が向上し、快適な生活を送ることができます」

 

・・・・

 

お話の中でK様が興味を持たれたのは、下記の内容です。

@ 窓を断熱ガラスにする

A 床、壁、天井に断熱材を入れる

B 床下換気口を開閉式換気口に替える

C 24時間計画換気(熱交換)の取り付け

D 耐震診断・補強工事

 

数日後、ご自宅に伺い調査をしました。

 

(K様宅概要)

・築30年の木造住宅で、1階に和室の続き間とLDK、2階は洋室2部屋があります。

・床、壁、天井の断熱材は入って無いようです。

・現在は50代のご夫婦の2人住まい

 

(K様ご要望)

 ・現在の住まいは、夏暑く、冬とても寒い家なので、断熱材をしっかりいれて欲しい。

 ・少しでも省エネになるようにして欲しい。

 ・結露やカビが発生しにくい家にして欲しい。

 ・水回り機器を新しく取り替えたい。

 ・耐震補強をしたい。

 ※この工事を一度にするのではなく、計画を立てて行うようにしました。

 

 

[第一期工事(平成26年)]

@ 居室の窓を全てペアガラスに取り替える

A 床・壁・天井に断熱材を入れる

B 床下換気口を開閉式換気口に替える

C 24時間計画換気(熱交換)の取り付け

 

単板窓なので、冬期寒く結露します。

 ⇒ 居室の窓を全てペアガラス・内窓にすることで窓の断熱性がかなり向上しました。

 

床下に断熱材が入っていません。(壁、天井も断熱材は入っていません。)

 ⇒ 床下・壁・天井に断熱材を敷き込みました。冬期、壁や床下・屋根からの冷え込みが和らぎました。

 

通常の開いている換気口なのですが、開閉式は冬期は閉めるので冷たい

隙間風が入りません。その他は開けるので床下が快適です。

井戸水ポンプを設置して地下水・植栽の散水や洗車に利用します。

断熱工事をすると換気が必要となります。効率よく換気するために熱交換型の計画換気を取付けました。

 

 

[第二期工事(平成28年)]

玄関引き戸取替え工事…

一期工事で窓を断熱サッシに変えたのですが、夏暑く、冬冷気が入り込む玄関窓が気に入らないK様より交換して欲しいと依頼がありました。

 

通常玄関引き戸を取り替えるには、

@ 玄関戸周辺のモルタル壁をカットして取り除きます。

    ↓

A 下地材を取り付け、玄関戸を取り付けます。

    ↓

B カットした壁と玄関戸の間にモルタルを詰めます。

    ↓

C モルタルが乾いたらカット部分を塗装します。

※玄関戸を取り替えるのに、解体業者、大工、サッシ業者、左官、塗装の各業者が必要で、工事日数も一週間程度掛かります。その他、家の方は鍵の心配、玄関戸の仮囲い等、負担はかなりのものです。

 

今回、K様にご紹介したのは、カバー工法で玄関戸を取り替える工事です。

 

メリットは、

○ 既設のサッシ枠を使うので壁のカットが必要ありません。

○ サッシ業者が全て行ないます。

○ 工事は半日程度で終わります。

デメリットは、

● 既設のサッシ枠にカバーして新しく玄関戸を付けるので、少し開口幅が狭くなります。

 

[施工前]

【寒くて暑い玄関戸】

[施工後]

【一日で取り付けできる玄関戸】

 

 

[第三期工事(平成29年)]

浴室、脱衣室改築工事…

冬期、暖かい居間から寒い浴室に入るのは辛いもの、タイル張りの浴槽ならなおの事。

寒い冬が来る前にK様から連絡が入ったのは8月でした。

 

(工事内容)

○ 暖かい断熱浴槽仕様のシステムバスを使う。

○ 浴室の大きな出窓を小さくする。

○ 狭く使いにくい脱衣室を使いやすくする。

○ 脱衣室、浴室内の段差を解消する。

 

[寒かった浴室]

タイル張りの浴室は冬とても冷たく、滑りやすくて危険です。

[暖かい浴室]

断熱浴槽、そして滑らない床で安心できます。

窓の大きさも以前の1/3程度にしました。

[使い勝手の悪い脱衣室]

洗面台と洗濯機の配置が悪く、方付かない脱衣室

[すっきりした脱衣室]

洗面台を新しく取り替え、洗濯機の場所を変えました。

 

計画を立てて、一つずつ工事をしていくK様。

実際に生活してみて、その工事内容の良い悪いをはっきり言っていただくので、とても勉強になります。

来年は「耐震工事」を検討されています。

K様のご要望に答えるように、一番良い提案をしていきます。

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp