◆ 赤外線建物診断

 

リフォーム工事をする前に赤外線サーモグラフィーで建物全体を検査すると「雨漏りの実態」、「結露・水漏れ箇所」や「断熱材の有無」が判ります。

@雨漏り診断(実例:2017年 米子市)

築30年以上経過した木造アパートを赤外線診断してみると、バルコニー笠置下から雨漏りをしている様子が判ります。

(雨漏り箇所は温度が低いので青や紫色で表示されます)

外壁を撤去してみると、バルコニーを支える木材がかなり腐朽して危険な状態でした。

※バルコニーの木部は全て撤去し、アルミのバルコニーを設置しました。

 

2階のフラワーボックスの下部分から雨が進入し、1階に伝わっているのが判ります。

数日後、フラワーボックス回りにシーリング防水しました。

赤外線で診断してみると壁の温度の色が均一になり、雨漏りが止まったのが判ります。

 

A 断熱測定(とっとり地中熱の家)

「とっとり地中熱の家」夏・冬の温度想定(赤外線サーモグラフィ)

 

B 耐震診断

木造住宅の内壁を赤外線画像で見てみると柱や間柱、筋交が透視して見ることができます。

耐震補強工事に必要な箇所だけ壁を剥ぎ、補強することができます。

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp