トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ こざさ建設の『こだわり』

1. 湿気・シロアリに対するこだわり

私達の住む鳥取県米子市は、年間(平成24年)の平均温度は15.6℃、平均湿度は72%です。

東京都の平均温度17.1℃、平均湿度61%、岡山市の平均温度16.4℃、平均湿度65%に比べ、

温度で1℃前後低く、湿度では4%〜10%程度高くなります。>>米子市の気象データ

 

建物の中、特に床下や壁中が70%以上の高湿度になると、結露が発生し「カビ」や「木材腐朽菌」、

「シロアリ」の繁殖をまねくことになります。

木材腐朽菌やシロアリの繁殖は木材を劣化させ、

カビ・ダニの発生から住む人の健康を害するようになってしまいます。

 

鳥取県の家づくりで一番気を付けなければならないのは湿気対策です。

 

 ※弊社が建築する“とっとり地中熱の家”は、どの程度「湿気の抑制効果」があるかを調べるために

  米子高専と共同して家じゅうの温湿度を測定し、そして解析しました。

 

 ① とっとり地中熱の家の温湿度実験温湿度データ

  ※とっとり地中熱の家じゅうの温度・湿度が、外気に左右されにくいのが判ります。

   とっとり地中熱の家じゅうの湿度が、年平均60%以下に抑制されているのが判ります。

   建物下の“地中熱”の効果が判ります。

 

 ② 通気層の大切さが判る実験温湿度データ

  ※空気が通う家はこざさ建設の基本です。

2. 無垢材へのこだわり

私達の住む鳥取県西部の日野川流域には、戦後植林した杉、檜、松などの広大な人工樹林が豊富にあり、

鳥取県産材」として柱や梁などの構造材に多く使用されています。

 

こざさ建設は、新築住宅の構造材の6割近く「鳥取県産材」を使用しています。

外張断熱・通気工法で家を建てているので、構造材が常に空気に触れ、

木材の調湿効果等で結露が抑制され、年間を通じて爽やかな室内空間となります。

 

又、室内の天井に構造材の梁を表わしたり、床材に杉、檜、桜材などを貼ることで、

気持ちの良い触感や温かいぬくもりがあり、リラックス効果も期待できます。 >> 木と健康

 

弊社施行例

3. 健康へのこだわり

人は住まいで、長い間生活し続けなければなりません。

その住まいが、健康を害する家であってはなりません。 >> 断熱と健康に関するデータ(PDFデータ)

 

・ 家じゅう温度差がない暮らし >> 温度差によるバリアフリー

・ 結露のない暮らし >> 結露による被害

・ カビ・ダニの発生しにくい暮らし >> カビ・ダニの発生しない家づくり

・ シックハウスのない暮らし >> シックハウス検査

 

こざさ建設は、鳥取県の気候(夏暑く、冬寒く、高湿度)に合う家づくりを推進しています。

1.の湿気・シロアリ対策、2.の無垢材にこだわる“とっとり地中熱の家”は、住む家と住む人の健康にも

こだわった健康住宅です。

 

 〇 健康住宅アドバイザー・健康住宅スペシャリスト資格取得

4. エコ・省エネのこだわり

 

「冬はエアコンや床暖房で快適な暮らし」、「夏はエアコンをガンガン掛けて涼しい暮らし」

このような住まいを続けている方は、冬は23℃以上の温度、夏は25℃以下の温度を求めてしまいます。

※これでは、太陽光発電をつけても、エネルギー使用量は増えてしまいます。

 

私達の勧める“とっとり地中熱の家”は、冬は15℃〜18℃前後、夏は27℃〜29℃前後で充分快適に過ごせます。

それは、下記の理由からなるものです。

 

① 家じゅうを外側から高性能の断熱材ですっぽり囲う。

② 床下⇔壁中⇔屋根裏が通気している。

③ 年間通じて15℃で安定している「地中熱」を床下地中を介して家じゅうに送り込む。

(地中熱は冬は保温、夏は冷温として使います)

④ 季節風を採り入れ夏の冷風に使う。

 

とっとり地中熱の家でご建築頂いたお客様から、「冬寒くて嫌だ」、「夏暑くてたまらない」等の感想は

聞いた事がありません。

「冬、0℃以下になった時にエアコンを補助で入れた」とか

「夏暑かったけど、少し我慢すれば過ごせた」と言われる程度です。

 

※ 私達の住む鳥取県は、北海道のように寒く無く、九州南部のように暑くはありません。

自然と上手く調和して過ごす事も大切です。

 

 とっとり地中熱にお住まいのお客さまの声

 とっとり地中熱の家の光熱費データ(平成26年1月〜12月)

 

お客様 年間光熱費 建築面積 電 化 暖冷房設備
米子市M邸(4人家族) 30代 121,363 110.96u(33.56坪) オール電化

冬:蓄熱電気暖房

夏:エアコン

米子市N邸(4人家族) 30代 158,874 137.80u(41.68坪)
米子市K邸(4人家族) 40代 130,917 112.62u(34.06坪)
米子市Y邸(3人家族) 40代 122,638 175.00u(52.93坪)
米子市W邸(5人家族) 30代 111,516 125.04u(37.82坪)
米子市S邸(5人家族) 30代 127,170 137.04u(41.46坪)
米子市M邸(4人家族) 30代 142,104 144.08u(43.58坪)
米子市N邸(4人家族) 40代 157,935 121.72u(36.82坪)
米子市T邸(4人家族) 30代 179,952 120.89u(36.57坪)
米子市K邸(3人家族) 50代 175,848 175.00u(52.93坪)
米子市N邸(5人家族) 50代 194,719 132.14u(39.97坪)
米子市E邸(3人家族) 50代 204,280 159.88u(48.36坪)
平 均 152,276  

 

5. お客様とのつながりを大切に

 

こざさ建設は平成24年に創業50周年を迎える事ができました。

私(小笹浩一)が、先代社長から会社を引き継いだのが25年前(平成元年)になります。

その時、一番大切な事を引き継いだのは、「鳥取県に合う家づくりの技術」「お客様」です。

 

平成7年の阪神大震災、平成12年の鳥取県西部地震、そしてその後の不況は、地元で工務店を営む

私に様々な試練を与えてくれました。

しかし、その都度私を救ってくれたのが、「鳥取県に合う家づくりの技術」「お客様」でした。

お客様との交流の場である「会社」、「感謝祭」、そして今年で発刊10年になる「住まいる通信」は、

社員全員が「お客様とのつながりを大切に」を思い続けられています。

 

スタッフ

 

◎こだわりを考えた家:とっとり地中熱の家の歩み

2000年10月6日

(平成12年)

鳥取県西部地震発生

震度6強で倒壊した建物の中に、湿気が原因で建物が傷み、

それに地震の揺れが加わり倒壊した建物も多く見られた。

とっとり地中熱への取組

2002年6月

(平成14年)

外張断熱・通気工法の家ソーラーサーキットの家を米子市新開に建築。

コンセプトは“夏暑くなく、冬寒くなく、湿気を抑制できる家”

家じゅうを空気が通うので、家全体がサラッとした感じで、

体感した方からはとても好評。

…しかし価格が高く、受注まではたどり着けない。

2003年5月

(平成15年)

「ソーラーサーキットと同等レベルの家づくりを坪50万円でつくる」

を合言葉に、こざさ建設オリジナルとなる外張断熱・通気工法の家を開発する。

2008年12月

(平成20年)

外張断熱・通気工法の家に「地中熱活用」を加えたモデルハウスを

米子市上福原に建築。

日照時間が少ない鳥取県で「年間通じて15℃の温度がある地中熱」を

家の暖冷房や通気利用に使う地中熱活用の家に取り組む。(とっとり地中熱の家

2011年4月

(平成23年)

「オリジナルとっとり地中熱の家」を開発。

地中熱活用の家は温暖な千葉県で開発される。

その仕様では冬寒く、湿度の高い鳥取県では合わない所もあり、

断熱材や地中熱システムを鳥取県仕様に変更する。

2012年10月

(平成24年)

とっとり地中熱の家」モデルハウスを米子市新開に建築。

「冬暖かく、夏涼しく、湿気が抑制できる家」を実験するために、

モデルハウスに40個の温度計、8個の湿度計を配置し、

床下・壁中・屋根裏等の家じゅうの温湿度を2013年1月から測定している。

2013年 モデルハウス温湿度測定

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp