0859-32-8677
こざさ建設のインスタグラム
コロナ対策

気密性(NE-ST)

【 気密性について 】

 

【 気密性能が高いとは 】

壁、窓、床の継ぎ目などにある隙間が大きいほど気密性は低くなります。「隙間が大きい」つまり「気密性が低い」と、冬は冷たい空気が中に入り、空調の暖かい空気は外へ逃げていきます。

夏は暑い空気が中に入り、空調の冷たい空気は外に逃げてしまうことになります。

高気密の家とは、隙間をできるだけ少なくして空気の出入りを減らした家のことを言います。

 

 

【 気密性が低い家は換気の効率も悪い 】

空気中に浮遊するアレルギー源が室内に溜まってしまうとシックハウス症候群を引き起こしてしまう可能性があるため、換気をすることがとても重要となります。

気密性が低い家は掃除機やストローの管の途中に穴が空いていると上手く吸えないのと同じで、空気の流れが悪く換気効率が低くなってしまいます。

 

 

【 弊社のこだわり 】

現在、気密性能の基準は1999年の次世代省エネ基準時に定められた気密測定値の「相当隙間面積5cu/u以下」の規定しかありません。

しかし、この基準は比較的簡単にクリアできてしまうため、弊社が目指す「年間を通じて快適に暮らし続けることができる家」を建てるためには、更に高い気密性を目指す必要があります。

そこで弊社では2002年から200棟近く外張断熱の家を建て、全棟の気密測定を自社で実施してきました。

 

(気密性能を実際の建物で比較)

 

※建物面積120u(36.3坪)の場合

 

とっとり健康省エネ住宅(NE-ST)への取り組み

とっとり健康省エネ住宅とは…

鳥取県が策定した、県民の健康の維持・増進、省エネ化の推進及びCO2の削減を図ることを目的として、戸建住宅を新築する際の県独自の省エネ住宅基準を満たした住宅のこと。

こざさ建設は「とっとり健康省エネ住宅」認定設計・施工事業者です。

気密性能C値を新築全棟で気密測定により算出します。

測定の結果、「〜空気が通う〜外張断熱+地中熱のいえ」のC値はNE-STの基準値(1.0cu/u)の1/10以下と高い気密性能を実現。

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677

Fax / 0859-32-8748

0859-32-8677

0859-32-8677

上 へ

戻 る