◆ 地域に根づく工務店

 

(序章)

こざさ建設はお引渡しした家がお客様にとって「建てた時が一番いい」というのではなく「建物は建てて半分」、そして建てた後の「暮らし半分」で“日々一番いい家”であって欲しいと思っています。

末永く「地元のこざさ建設で建てて良かった」と言っていただくために、とっとりに合う「家づくり」と「住まい方・暮らし方」をご提案します。

お客様とのつながりを大切に

こざさ建設は平成24年に創業50周年を迎えることができました。

私(小笹浩一)が、先代社長から会社を引き継いだのが平成元年でした。

その時、一番大切なことを引き継いだのは「鳥取県に合う家づくりの技術」「お客様」です。

 

平成7年の阪神大震災、平成12年の鳥取県西部地震、そしてその後の不況は地元で工務店を営む私に様々な試練を与えてくれました。

しかし、その都度私を救ってくれたのが「鳥取県に合う家づくりの技術」「お客様」でした。

お客様との交流の場である「会社」、「感謝祭」、そして今年で発刊10年になる「住まいる通信」は社員全員が「お客様とのつながりを大切に」を思い、続けられています。

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp