◆ 「外張断熱・地中熱活用住宅」 完成見学会 in 日吉津 ≪レポート≫

 

3月20日、21日に見学会を開催しました。

場所はイオン日吉津ショッピングセンターの近くなので、たくさんの来場が ・・・と、期待を膨らませお客様の来場を待ちました。

 

午前10時オープンと同時にたくさんのお客様にお越し頂き、2日間で40組・150名を超えるお客様にご来場頂きました。ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございました。

 

ご来場頂いたお客様の感想は、新聞記事や折込を見て初めて見学に来られた方と、2回、3回とご見学頂いている方とでは随分違います。

 

初めての方は、

『明るくて使い勝手が良さそうね』

『暖かいね、これ暖房器一台って本当』

・・・ 見て、感じて、の感想が多いのですが、何度もご来場頂いている方は、

『年間の暖房費がいくらかかるの?』

『 “地熱” って暖かいのはわかるけど、でも暖房は必要でしょ』

・・・ 一歩入り込んでの質問なので、答える側のスタッフが慌てる場面も 。。。

 

お客様も 「エコ」 や 「省エネ」 に興味のある方や、開業医、米子高専の方などもおられ、「外張断熱」 「地中熱(地熱)」 「温湿度モニタリングシステム」 ・・・etc 様々なご質問を頂き、お客様の真剣さに、こちらの説明にも熱が入りました。

 

東北・関東大震災の後でしたので、「地震の時に壊れない家」をご希望される方もおられました。

その時には、まず下記の建築基準法の説明をします。

次に「長期優良住宅 」の認定基準の「耐震性」、「劣化対策」、「省エネルギー性」、「計画的な維持・管理」の話をします。そして最後に “鳥取県の気候風土に合う家づくり”の話をします。


建築基準法では、「数十年に一度起こる震度5強程度の地震で損傷しない。ごく稀に発生する震度6以上の地震で損傷しても倒壊など人命に関わる状態にならない。」 と記されています。

わかりやすく説明すると、震度6強、7の大地震が発生したとき、家は壊れてもいいから、建物が倒壊せずに、まずは人命が助かれば良いといっているのです。 (阪神淡路大震災では、6,000名を超える多くの人が、家の下敷きになり亡くなっています。)


今回は新聞に「温湿度モニタリングシステム」の内容を掲載していましたので、「住まいの管理」という新しいジャンルもでき、お客様の関心も高かったようです。

 

地震の影響で、最新型エコの省エネ設備を導入した「技術型エコ仕様住宅」と自然の力を生かす「自然型エコ住宅」の在り方が変わっていくように思えます。

 

地元工務店の私達はできるだけ 「自然型エコ」 を生かした家づくりを考えていかなければならないと切に感じました。

 

小笹 浩一

 

 

 

■日吉津の地中熱活用住宅見学会の様子です。一人一人のお客様が熱心に見学をされています。

 

■平成23年3月21日 地元の日本海新聞に掲載された内容です。

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp