◆ 過去のイベントレポート

 

第5回 こざさ建設 “大感謝祭” ≪レポート≫

 

10月23日(日) こざさ建設内で 「大感謝祭」 を開催しました。今回で5回目、毎年たくさんのお客様に来ていただいています。

しかし空を見上げるとポツリポツリと雨が降ってきました。

 

『皆さん、この雨にも負けず元気を出してお客様を迎えましょう!』 と、実行委員長の足立君の開催宣言で始まりました。

当初雨降りなので客足が少ないのかな? …と予想していましたが、雨で各地の行事が中止となり次から次へとお客様は来られます。

 

『社長、自治会のペタンクが中止になったけん来たよ。』

『孫が生まれたけん見せにきたよ。』とおじいちゃん、おばあちゃんになられたお客様。

『こざさ建設の感謝祭が我が家の行事になってしまって、毎年こないけんようになった。』と言われるお客様も。

 

例年に比べ、小さいお子様連れが多いような気がします。

一つは 「地区の行事が中止」のおかげもありますが「家を建てるお客様が30代前半の方が多い」と言うこともあるのでしょう。

 

小さな子どもは一目散に木工教室に駆け寄り、大工さんと一緒に 「イスづくり」。

お父さんお母さんはその姿を目を細めて見ています。(きっと子ども時分の姿と重ね合わせているのでしょう。)

イスが完成すると、うどんやフランクフルトをご家族で食べられます。

作っているのは足場設置や塗装、解体工事をしている職人の方ですが、作る姿はなかなかのもの。もちろん 「味」 は絶品。

 

社内には自然エネルギーの「太陽光発電」「地中熱利用」「雨水利用」などのエコ商品の展示・ 説明会や「断熱・遮熱カーテン」 などの展示をしています。

会場内にはスタッフの話に熱心に聞き入るお客様で一杯で、エコに関する質疑もかなりありました。

 

午後2時半より私と会場にいる全員とで 「じゃんけん大会」 をして、5回目の感謝際は無事終わりました。

 

総勢90組、250人を越えるお客様に来ていただきました。ありがとうございました。

 

又、感謝祭を支えてくれたスタッフの皆さん、準備を合わせて2日間ご協力いただきありがとうございました。

 

小笹 浩一

 

子どもに一番人気の木工教室。初めて触る「かなづち」や「釘」…やさしい大工さんの指導で、あっと言う間にできあがり。

子ども達が作る「イス」「本たて」…ものづくりを通して「感性」を磨き、将来の大工さん、左官さん等の職人さんが育つ事を期待しています。

 

会場を一周した後は、フランクフルト、うどんで腹ごしらえ。

(職人さんがつくる食べ物はウマイと評判です。)

 

木材早切り大会の会場です。

初めて使う「ノコギリ」に悪戦苦闘しながら 最後まで木を切る貴重な体験?です。

お祭りの最後は社長と「じゃんけん大会」最後まで勝ち残った人1人に「日南産のお米」が進呈されるとあって会場は熱気で急上昇。

最後まで勝ち残った小学生の男の子に 「日南産のお米」が進呈されました。

そばにいたお父さん、お母さんが一番喜んだのでは?

 

株式会社こざさ建設

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号

Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp