トップページへ
地元工務店が考える家づくり
住まいの見学会
住まいの掲示板
長持ちする家づくり
こざさ建設 Facebook
◆ 地中熱活用実験施設

 

「とっとり地中熱の家」 の取り組みが 「経営革新計画」 として鳥取県に承認されその補助事業として、

平成22年10月に 「地中熱活用実験施設」 を弊社敷地内に建設しました。

 

目的

 

1. 太陽日射で蓄えられた外気下地下5m付近の「地中温度=地中熱」を年間通じて測定する。

 

2. 太陽日射で蓄えられた地下5m付近の「地中熱」を、建物床下に “土の断熱・伝導性” を利用し蓄熱させる。

  その温度変化の推移を測定する。

 

3. 上記2で測定した 「地中熱」 を床下から建物内に取り入れ、建物各所の温湿度を測定する。

 

@ その地中温度がどの程度 「暖冷房費」 に利用できるかを検証する。

A その地中温度と同時に湿度の検証をする。

 

地中熱循環システム

 

1. 床下に蓄熱された地中熱を 「循環システム」 にて建物内に送る。

 

@ 9月10日から6月10日までは 「冬モード」 で、日中の暖かい空気を 「循環システム」 で床下に送り、

  地中熱と合わせた “暖熱” を建物内に送る。

 

A 6月11日から9月9日までは 「夏モード」 で、床下地中の “冷熱” を 「循環システム」 で吸い上げ、

  建物内に送る。

 

地中熱活用実験施設です。

こざさ建設敷地内に

設置しています。

中央の縦パイプが「地中熱」を

床下等に送ります。

液晶モニターが「室外地中」、

「室内地中」温度等を測定します。

屋根裏に設置した、

「循環システム」です。

 

【地中熱+太陽熱利用】

 

平成23年4月から「太陽熱集熱パネル:ソーラーウォーマー」を地中熱活用実験施設の外壁に取付けています。

このソーラーウォーマーは、太陽エネルギーを暖房エネルギーに変換して、温風を室内に供給するシステムです。

(幅70cm、高さ200cmのパネルで、冬季でも最高30℃近い温風が取り入れられます。)


特徴: @電気代は不要  A電源不要で自動運転  B省エネ効果  C設置が簡単

 

○弊社では、このソーラーウォールから取り入れた温風を冬季、

「床下」に送風し、地中熱と合わせた“暖熱”を建物内に取り入れます。

 

○ソーラーウォールのファンは、1時間に60〜100m3の送風できるので、

 床下の湿気抑制にも役立ちます。

 

※地中熱活用住宅、ソーラーウォーマーの見学・体験は、平日、休日いつでも

 できます。こざさ建設までお電話かメール等でお知らせ下さい。

中古住宅売買

 

▼メディア掲載情報

▼会社案内

▼採用情報

▼資料請求

▼ブログ

▼MENU

▼不動産情報

▼保証と各種補助金制度

無料ガイドブック

トップページ - 過去のイベント情報 - 地元工務店の考える家づくり - 長持ちする家づくり - 家づくりQ&A

外張断熱×自然エネルギー「とっとり地中熱の家」 - 家づくりコンサルティング〜無料FPシミュレーション〜 - 住んで実感!お客様の声

見て!触れて!体感して!住まいづくり研学館 - いままでの施工例 - 我が家は大丈夫?木造住宅耐震診断&補強 - 性能向上リフォーム&実例

マスコミ掲載情報 - 不動産情報/土地活用 - 秀峰大山/別荘情報 - 住宅保険・保証制度 - 会社概要 - スタッフ紹介 - リンク - プライバシーポリシー

省エネルギー/外断熱/電化/健康/伝導型地中熱(地熱)活用/自然素材/無垢材利用/バリアフリー/耐震/制震/環境光熱費削減を考えた木造注文住宅建築から、増改築/模様替えなどのリフォームや、土地/中古住宅/建売住宅などの不動産売買・仲介までトータルプロデュース

株式会社こざさ建設 鳥取県米子市西福原9丁目12番24号 Tel / 0859-32-8677  Fax / 0859-32-8748  E-mail / info@kozasa.co.jp